「宝くじを当てて一攫千金!」

 

誰もが一度はこのような夢を抱いたことがあるはずです。

しかし毎年、買えども買えども当たらず、たまに当たったとしても数百円、数千円の世界。そもそも宝くじの当選確率をご存じでしょうか?

そろそろお金を無駄遣いしていることに気づいてもよい頃ではないですか?

ここでは「ジャンボ宝くじ」の2018年の当選確率を主に、宝くじ当選確率について考えてみましょう。

ジャンボ宝くじとは?

メモジャンボ宝くじは、日本で最も売れている宝くじで、1979年より販売が開始されました。

価格は300円で、季節ごとに年に5回、異なる名称で販売されています。当選金額が異なる「〇〇ミニ」も同時に販売されることもあります。

発売期間・抽選日・当選金額や当選確率は毎年変わっています。

種類 発売期間 抽選日 1等当選金額
バレンタインジャンボ宝くじ 2~3月頃 3月頃 2億円
バレンタインジャンボミニ 2~3月頃 3月頃 2,000万円
ドリームジャンボ宝くじ 4~5月頃 5月頃 3億円
ドリームジャンボミニ 4~5月頃 5月頃 3,000万円
サマージャンボ宝くじ 7~8月頃 8月頃 5億円
サマージャンボミニ 7~8月頃 8月頃 5,000万円
ハロウィンジャンボ宝くじ 10月 10月30日 3億円
ハロウィンジャンボミニ 10月 10月30日 3,000万円
年末ジャンボ宝くじ 11~12月頃 12月31日 7億円
年末ジャンボミニ 11~12月頃 12月31日 3,000万円
年末ジャンボプチ 11~12月頃 12月31日 1,000万円

ジャンボ宝くじの当選確率

各ジャンボ宝くじの2018年の当選確率を見てみましょう。

バレンタインジャンボ宝くじ
当選金額 当選確率
1等 2億円 1,000万分の1
1等の前後賞 5,000万円 500万分の1
1等の組違い賞 10万円 約10万1,000分の1
2等 1,000万円 200万分の1
3等 100万円 10万分の1
4等 10万円 5,000分の1
5等 1万円 1,000分の1
6等 3,000円 100分の1
7等 300円 10分の1
バレンタイン賞 2万円 2,500分の1
バレンタインジャンボミニ
1等 2,000万円 200万分の1
1等の前後賞 500万円 100万分の1
2等 200万円 10万分の1
3等 10万円 5,000分の1
4等 1万円 1,000分の1
5等 3,000円 100分の1
6等 300円 10分の1
バレンタインミニ賞 2万円 1,000分の1
ドリームジャンボ宝くじ
1等 3億円 1,000万分の1
1等の前後賞 1億円 500万分の1
1等の組違い賞 10万円 10万1,010分の1
2等 1,000万円 166万6,667分の1
3等 100万円 10万分の1
4等 10万円 1万分の1
5等 1万円 1,000分の1
6等 3,000円 100分の1
7等 300円 10分の1
ドリーム賞 3万円 1万分の1
ドリームジャンボミニ
1等 3,000万円 200万分の1
1等の前後賞 1,000万円 100万分の1
2等 1,000万円 100万分の1
3等 500万円 33万3,333分の1
4等 100万円 10万分の1
5等 10万円 5,000分の1
6等 1万円 1,000分の1
7等 3,000円 100分の1
8等 300円 10分の1
サマージャンボ宝くじ
1等 5億円 1,000万分の1
1等の前後賞 1億円 500万分の1
1等の組違い賞 10万円 10万1,010分の1
2等 1,000万円 500万分の1
3等 100万円 100万分の1
4等 10万円 3万3,333分の1
5等 3,000円 100分の1
6等 300円 10分の1
夏祭り賞 2万円 5,000分の1
サマージャンボミニ
1等 5,000万円 200万分の1
1等の前後賞 1,000万円 100万分の1
2等 1,000万円 100万分の1
3等 100万円 10万分の1
4等 10万円 1万分の1
5等 1万円 1,000分の1
6等 3000円 100分の1
7等 300円 10分の1
夏祭りミニ賞 2万円 3,333分の1
ハロウィンジャンボ宝くじ
1等 3億円 1,000万分の1
1等の前後賞 1億円 500万分の1
1等の組違い賞 10万円 10万1,010分の1
2等 1,000万円 333万3,333分の1
3等 100万円 33万3,333分の1
4等 10万円 1万分の1
5等 1万円 1,000分の1
6等 3,000円 100分の1
7等 300円 10分の1
ハロウィンジャンボミニ
1等 3,000万円 200万分の1
1等の前後賞 1,000万円 100万分の1
2等 100万円 5万分の1
3等 10万円 5,000分の1
4等 1万円 1,000分の1
5等 3,000円 100分の1
6等 300円 10分の1
ハロウィンミニ賞 2万円 3,333分の1
年末ジャンボ宝くじ
1等 7億円 2,000万分の1
1等の前後賞 1億5,000万円 1,000万分の1
1等の組違い賞 10万円 10万503分の1
2等 1,000万円 666万6,667分の1
3等 100万円 20万分の1
4等 10万円 5,000分の1
5等 1万円 1,000分の1
6等 3,000円 100分の1
7等 300円 10分の1
年末ジャンボミニ
1等 3,000万円 200万分の1
1等の前後賞 1,000万円 100万分の1
2等 1,000万円 100万分の1
3等 100万円 10万分の1
4等 10万円 3,333分の1
5等 1万円 1,000分の1
6等 3000円 100分の1
7等 300円 10分の1
年末ラッキー賞 2万円 5,000分の1
年末ジャンボプチ
1等 1,000万円 10万分の1
2等 10万円 1万分の1
3等 1万円 1,000分の1
4等 300円 10分の1

最上位の当選確率は「1,000万分の1」「2,000万分の1」、ミニで「200万分の1」。あくまで理論値ですが、この数字をみるだけでも「宝くじの高額当選は相当難しい」ことが分かります。

最下位の「300円」の当選確率はすべて「10分の1」。数字だけを見ると確立が高いように感じますが、1回当選しても300円。これは1枚の価格と同金額です。どう感じますか?

宝くじの当選確率は低い!

ジャンボ宝くじの当選確率を見ても、宝くじ(特に高額当選)の確立は非常に低いことが分かります。宝くじ販売者にとって、儲からなければ販売する意味がありません。そもそも購入者が儲かるシステムではないのです。

多く購入すれば確立も上がると考えるかもしれませんが、それでも微々たるもので、高額当選確率は非常に低いものであることには変わりありません。

宝くじも「ギャンブル」の一種です。ギャンブルでは儲け話は存在しません。絶対に勝てるギャンブル方法もありません。

すなわち宝くじで儲けることはシステム自体、そのようになっていることを認識しておきましょう。

宝くじの当選確率を例えると?

宝くじの当選確率を、他の事例に例えるとみるとどうでしょうか?

四つ葉のクローバーを見つける確率

四つ葉のクローバーを見つけることができる確率は「1万分の1」といわれています。

「ジャンボ宝くじ」では「3等」「4等」前後の確立と同水準です。商品によっては、四つ葉のクローバーを見つけるよりも当てるのが難しい確率です。

交通事故を引き起こす確立

交通事故は引き起こさないように注意することが大切ですが、どれほど注意していても交通事故が無くなることはありません。

交通事故の確立は、先の四つ葉のクローバーを見つける確率と同程度の「1万分の1」といわれていません。

ジャンボ宝くじの「3等」「4等」の当選確率と同程度の確立で、交通事故を引き起こすことがないように、できる範囲で注意しておきたいものです。

隕石に当たる確率

隕石に当たることは、人生においてはまずないと思います。その確率は「100億分の1」といわれています。

ジャンボ宝くじの「1等」を当てる確率よりもはるかに低い水準です。奇跡的な確率ですが、隕石に当たった場合命の保障もありません。

宝くじには必勝法はない!

宝くじは、「いつ」「どこで」「誰から」購入しても確立は同じです。よく次のように購入すると確立が上がると宣伝しているインターネット記事も見かけます。

  • 販売期間終了間際に購入する
  • 都心の店で購入する
  • 高額当選が出る店で購入する
  • 毎回、同じ店で購入する

「高額当選出ました!」と登りを掲げている店もあり、そのような店には行列ができたりすることもあります。しかし確立面では変わりません。

「高額当選が出やすい店」と評判の店舗は、単純に販売数が多いから当選数も多いだけだということもあるのです。

まとめ

宝くじの当選確率が、非常に低いことがお分かりいただけましたか?大切なお金を無駄にはしてほしくありません。

宝くじを購入する場合は、余裕資金で、あくまで「夢を買う」「あたればラッキー!という余裕の気持ちを持っておいてほしいものです。

投稿日:

Copyright© お金の無駄遣い?宝くじの当選確率について考えよう。 , 2022 All Rights Reserved.